LINEで送る
Pocket

こんにちは!谷口です。

 

今日はただがむしゃらに面接官に気に入られようとしても

意味がないというお話をしようと思います。

 

あなたは今まであなたなりに、

「大人に気に入られる方法」というのを編み出し実践してきたと思います。

 

でも、そのあなたの方法がまったく通じない面接官がいるので注意が必要です。

 

自己満足のアプローチではかえって面接官を不快にさせたり、

面接突破を遠ざけてしまいます

 

そこで、今日は“失敗しない確実に面接官に気に入られる方法”

伝授いたします!

 

では早速本題にいきましょう。

 

そもそも人が好感をもつってどんなことでしょう。

 

人は自分に似ている人間に好感を持つという習性があります。

 

あなたも自分に似ている人と仲良くなることが多いかと思います。

いわゆる類友ですね。

 

心理学では、ミラーリング(相手をまねること)は、

「尊敬や好意の意味があり、似た行動をするのは、

味方同士であると認識する。」と言われています。

 

つまりこれを面接に応用すると、

面接官のキャラクターを見極めて対応していく事が

非常に重要な事が分かります。

 

つまりどういうことかと言うと、

あなたはまず面接官に対面した時にきちんと面接官を

観察しなくてはいけません。

 

観察するのは、

表情がやさしいのか、厳しいのか、

話し方がせっかちなのか、ゆっくりなのか、

声の大きさはどうなのかなど

その面接官の表面上分かるようなパーソナルを

チェックするのです。

 

上記の例でいうと、表情がおだやかなタイプであれば、

あなたもリラックスした表情で面接を受けるべきですし、

厳しい感じであればきりっとした表情をだしていく事も大事です。

 

話し方のスピードや大きさに関しても、

面接官に合わせていくことが一番ベストです。

 

 

人は無意識レベルでも自分のテンポやスタンスにあう

人間に好感を持ちます。

 

なのであなたなりにで構わないので、

この面接官はこのタイプだな!っと最初に見極め、

それに寄せていくような

面接の受け答えをしていくように意識しましょう。

 

あくまで面接はコミュニケーションです。

 

このような努力が、実は面接突破につながるカギになります。

 

まずは、身近なアルバイト先の先輩や上司などを観察して、

タイプ見極めや対応を意識していきましょう。

 

本日は以上です。

 

============================
私はかつて本当に人見知りで、勉強もできなくて、
コンプレックスの塊でした。
もちろん、就活も大苦戦。
でも、そんな私も悪戦苦闘の結果、
ある就活勝利ノウハウにたどり着き、
それからは最高の勝利で就活を終了。

その後人事に転職した私は

この勝利者の就活ノウハウの確信をつかみ、

就活生に個人的に伝え始めたところ、
自分の実力より何倍も格上の企業に就職を
勝ち取るメンバーが続々と後に続いてくれています。

下記から、その就活ノウハウを無料でぜひ受け取って下さい。

現役人事の就活ノウハウをもらう方はこちらをクリック

LINEで送る
Pocket