LINEで送る
Pocket

こんにちは!谷口です。

就活していたら、

たくさんエントリーシート(以下ES)の

資料を書かなきゃいけなくなりますよね。
あなたはESなどの資料って、

めっさ面倒くさいなーって

思ってませんか?

なんで、こんなの書かなきゃ

いけないのって思ってる

かもしれません。

私も超絶面倒くさかったのを

覚えています。
も、面倒くさいな〜って

思いながら書いたESは、

思った以上に、

それは面接官に伝わっています。
何百枚ものESを見てきた面接官には
一目瞭然です。
あなたは
やたら、余白が余っていたり、
文字を大きくしてみたりしてませんか?
そんな文字を埋めるためのESでは、
一向に内定はもらえません。
はっきり言って、

書くだけ時間の無駄

なってます。
じゃあどうしたらいいのか?

 

これから、ESを書くにあたってものすごい
重要な事をお伝えします。
これを理解し実行すれば、
あなたのESは面接官の目に留まり、
希望の会社の選考の第1歩を突破していけるで
しょう。

 

最初の選考を突破していけば、
モチベーションも下がらず、
あなたの持ち駒もどんどん増えていくので
心穏やかに
就活を進めていけることでしょう。
それでは、早速いきましょう!
では、どのように書けばいいのか?
それは、

「全ての文にこの会社に入りたい!という情熱を込めて書く」

事なんです。
え?そんな精神論いらないよって
声が聞こえてきそうですが、
ちょっと続きを読んで下さい。
情熱を込めて書くというのは、志望動機、
自己PR、学生時代に頑張ったこと、
全てに、この会社に入りたい!
という情熱を入魂しながら書く事です。
例えば、
自己PRに、
私は高いコミュニケーション力が強みです。
って書いてあって、後はその理由だけで
終わっていませんか?
それじゃダメです。
志望職種が営業であれば文末に、

 

「その高いコミュニケーション力を駆使し、
御社の営業職として、
幅広い年齢層のお客さまとも
果敢にコミュニケーションをとり、

自身も信頼をおく御社の商品を
広く世に広めて、
「○○(会社名)といえば谷口さんだね」
と言われるような営業マンへ
成長したいと思っております。」
という形で、自己PRでもなんでも話を
全て志望会社への思いにつなげて下さい。
ESはただの説明で終わっていたら
ダメなんです!
あなたの情熱を見せて下さい!
あなたの能力以上に、
あなたの情熱がこの会社にあるのかを
ESでは見られます。
情熱あふれる文章に書きましょう。

まずは、志望する会社、職種に求められる
情熱ってなんだろう?を考えていきましょう。

 

本日は以上です。

引き続き頑張りましょう!

 

 
============================
私はかつて本当に人見知りで、勉強もできなくて、
コンプレックスの塊でした。
もちろん、就活も大苦戦。

優秀な姉と比較されて、いつも苦しんでいました。

でも、そんな私もあることに気づいてから就活で
勝利をおさめ、それがきっかけで社会で活躍する
コツもつかめて、今では社会の第一線で
堂々と自信に溢れ働いています。

私のこの勝利者の就活ノウハウをメルマガで
お渡ししているので、
ぜひ自分を変えるきっかけだと思って
ワクワクしながら読んで見てください。

プレゼント付きメールストーリーを読む

下記にメールアドレスを入力でも、もらえます!

*メールアドレス

LINEで送る
Pocket