LINEで送る
Pocket

こんにちは!谷口です。
あなたは自己PR
得意ですか?
きっと得意な人ではない
ですよね。
むしろ苦手で、自己P
をどのようにしたらいいのか
わからない!そんなあなたの
声が聞こえてきそうです。
私も自己PRが苦手で、
何も撮り得が無い
自分が嫌で嫌で

仕方ありませんでした。

でも、実は面接官に
ものすごい
効果のある自己PR
があるんです。
そこで今回は
「こいつ欲しいぞ!」って
面接官に
思ってもらえる自己PRが
何なのかを伝授します!
コレを知らなければ、

いつまでも
面接官に評価されない、
自己PRばっかを繰り返し、
結局お祈りメール
もらい、撃沈する日々を
送る事になるでしょう。
一方、ちゃんと理解すれば、
すごい実績を持っている
他のライバル就活生と同じ
評価を得られ、
面接突破率はかなり
高くなります。
これは、
きらびやかな実績がない
あなたでも、
社会人である面接官に
ささる自己PRです。
それを、お伝えする前に!
私のいるリクルートでは、
「圧倒的当事者意識を
持っている人間」
こそが1番重要だと考えらて
います。
でも、これはリクルートに
限った事ではありません。

何が言いたいかと言うと、
社会人は自分で
最後まで責任持って仕事に
常に取りくまないといけません。

つまり、
自分が責任をもって
何か成し遂げれる人物
かどうかを面接官
は求めているのです。
あなたは、責任を持って、
何かをなし遂げた
エピソードはありますか?
小さい事だとしても
1つくらいは

ありませんか?

例えば、あなたが頑張った事が
アルバイトだったとしましょう。 
あなたは、ただのアルバイト
だったけど、◯◯という課題を
発見し、
それからはその課題に対して、
何としても改善しようと
自分で決めて、
具体的なアクションを
起こし、結果◯◯が大幅に

改善された。

上記のような具体的な
エピソードを
自己PRで言えると、
とても強いです。

ポイントは、
小さい事でも最後まで、
自分が責任を持って
取り組んだ事で、
何かしらの良い結果を
もたらしたというコト
です。
エピソードの大きさは
そこまで重要じゃないです。
この子はちゃんと責任を
持って最後まで取り組む
ポテンシャル
がある子なんだと、
面接官に思わせられれば
良いんです。
そうすれば、今は未熟でも
伸びしろがあるっ!
って面接官はかってくれます。

まずは、あなたが今までの
人生で、
ある程度長期的に取り組んだ
事を紙に書き出してみましょう。
長期的に取り組んだことは、
なんだかんだ探せば、
必ずどこかで努力しています。
それでは、今回はココまでです。
引き続き頑張りましょう!

============================
私はかつて本当に人見知りで、勉強もできなくて、
コンプレックスの塊でした。
もちろん、就活も大苦戦。

優秀な姉と比較されて、いつも苦しんでいました。

でも、そんな私もあることに気づいてから就活で
勝利をおさめ、それがきっかけで社会で活躍する
コツもつかめて、今では社会の第一線で
堂々と自信に溢れ働いています。

私のこの勝利者の就活ノウハウをメルマガで
お渡ししているので、
ぜひ自分を変えるきっかけだと思って
ワクワクしながら読んで見てください。

プレゼント付きメールストーリーを読む

下記にメールアドレスを入力でも、もらえます!

*メールアドレス

LINEで送る
Pocket