自分を変えるチャンス

投資銀行について

“投資銀行”は、銀行とついてはいますが、

一般的なイメージの銀行ではありません。

 

分かりやすくいえば、預金を集めたり、個人や企業向けに貸し出しや融資をしたり、

といった業務はしません。どちらかというと証券会社に近いのですが、

 

個人向けの株式の売買や投資信託の販売なども行いません。

投資銀行業務は、主として法人に向けた専門的な金融サービスです。

たとえば、会社が設備投資のための資金を必要としたとき、そのための環境をつくる。

証券を発行し、一時的にそれをすべて買い取り、投資家に販売していくのも、そのひとつです。

投資家はしかるべき期日になれば、利回りが受け取れる仕組み。投資銀行の存在によって、

会社は証券を発行することで、資金が調達できるようになります。

これを「引受業務」と呼びますが、買い取った証券に最適な値付けをし、

上手に販売していくためには、知識や技術、ノウハウが必要となります。

☆向いている人☆

損益へのこだわりとドライな判断力がある人

運用を任されて成果を挙げることが前提の仕事であるため、

時に誰かを敵に回すような局面に立たされるかもしれないが、

冷徹なまでに「儲かるかどうか」にこだわる必要がある。

PAGETOP