自分を変えるチャンス

広告代理店について

広告代理店と一口に言っても、

大きく2つの種類に分けられます。

総合広告代理店

一つ目は総合広告代理店です。

みなさんご存知の電通や博報堂はこの種類の広告代理店に当たります。

一つのメディア媒体にとらわれず、あらゆる種類の広告枠を扱います。
複数の種類の媒体にアプローチしたい会社や、一定の予算を用いていかにプロモーション活動を
行うのか検討している会社がクライアントになる場合が多いようです。
幅広い知見をもとにした、戦略策定に強みを持ちます。

専門広告代理店

専門広告代理店は、総合広告代理店のようにあらゆる媒体を扱うのではなく、

一つの媒体に特化した広告代理店です。具体的には、新聞の広告枠を専門的に扱う広告代理店や、
屋外広告を専門に扱う広告代理店、インターネット広告を専門に扱う広告代理店などがあります。
それぞれ専門的なノウハウを有し、その広告枠でいかに理想的な費用対効果を出すことに強みを持ちます.
ここからは、広告代理店の営業マンの仕事内容に触れます。
広告代理店では「営業職」は、クリエイティビティが求められます。
クライアントへのヒアリングを通して、どのようなコンセプトのもと、
どのような方向性で広告を作っているのか決めていきます。
そして日程の調整や全体の進行・取りまとめなども営業が行います。
大手広告代理店の場合はクリエイティブ部門があり、広告の製作を行いますが、
中小規模の広告代理店の場合は営業がそのまま広告の製作業務に携わることがあります。
☆向いている人☆
時代の流行が好きで、センスがあるまたは磨きたい人
■谷口の意見
広告代理店もなかなかハードな業界です。
またクライアントとの上下関係もはっきりしています。
体育会系の方で、愛嬌がある人が活躍できると思います。
PAGETOP