自分を変えるチャンス

人材サービス業界について

人材サービス業については、解説します。

 

人材サービス業は、顧客企業のニーズに応じて人材を派遣したり、

紹介・斡旋したりする事業です。

 

ビジネスの変化スピードが高まる中で、

「新たな事業部門に適した人材を集めたい」

「業務拡大に伴い早急に人員を確保したい」

「勤怠管理を丸ごと委託したい」など顧客企業のニーズも多様化し、

需要も高まっています。

 

 

人材サービス業界は、主に3つに大別できます。
「人材派遣」は、自社に登録している労働者の中から、

顧客企業が求めるスキルを持つ人材を必要期間に応じて派遣する。

 

「人材紹介・斡旋」は、正社員や契約社員などの人材を

求めている企業に適切な求職者を紹介する。

 

「アウトソーシング」は顧客企業から人事業務や経理業務、

コールセンターなどの仕事を一括で請け負い、

業務指示や労働者の管理も行う。

コア業務以外をアウトソーシングすることで、

顧客企業はスリム化を図り、コア業務に人材を集中できるなどのメリットがある。

 

また、どのような職種の人材(一般事務職系・製造職系・専門職系など)

に強いかによって、区分することも可能だ。

人材派遣会社の場合は、一般事務職系のニーズが最も大きい。

一方、製造関連の職種を中心に扱う人材サービス会社は、

アウトソーシングの分野に多い。

そして、専門的な能力を持つ研究者や開発者を扱う人材サービス会社は、

人材紹介によって医薬品メーカーの研究開発部門やIT系企業などに社員を送り込んでいる。

 

<企業に対する業務>

  • 求人企業への提案営業~求人内容の取材~
  • 人材候補者の提案~採用までのコンサルティング業務全般

<人材に対する業務>

  • 求職者の募集
  • レジュメ読み込み
  • 面談
  • 求人紹介
  • 企業への推薦
  • 転職先が決まるためのアドバイス全般

 

■谷口の意見

人材業界もなかなかタフな業界のイメージがあります。

働くの大好き!と思えるキャリア志向の高い方にお勧めです。

PAGETOP