自分を変えるチャンス

不動産業界について

不動産業界と聞いてどんな仕事を思い浮かべるでしょうか?

 

賃貸の管理をしている会社を想像する人がいれば、

都市開発をしている会社をイメージする人もいるでしょう。

 

ひとくちに「不動産」と言っても、その仕事内容は多岐にわたります。

ここでは、不動産に関わる仕事を、「営業」、「企画」に分けて説明したいと思います。

 

◆売買の仲介営業

一つ目は不動産売買の仲介営業です。

仲介営業の担当になったら、新築や中古問わず、マンションやアパート、

一戸建て、土地の売買を仲介することになります。

この仲介手数料を得ることで利益をあげています。仕事内容は多岐にわたり、
販売する不動産を探すところから始まり、仕入れた不動産の売却先を探す

ところまで一気通貫で行います。

仕入れる不動産の売却査定も行うため、不動産に関する幅広い知識が求められます。

宅地建物取引士(通称宅建)を取っていると給与面でもアップする傾向があるので、

仲介営業をやりたい人は取っておくと良いでしょう!

 

◆賃貸の仲介営業

二つ目は賃貸の仲介営業です。賃貸の仲介営業は、賃貸物件を持っている大家さんと、

賃貸物件を借りたい人を仲介するのが主な仕事です。業務としては、

賃貸物件を貸し出す大家さんに物件を扱えるよう営業し、

確保した物件を借りたいお客さんに提案するというかたちになります。

不動産売買と同様に、仲介手数料を得ることで利益をあげています。

 

◆住宅販売営業

三つ目は販売営業です。分譲マンションや一戸建てを販売するのが仕事です。

住宅展示場に来たお客さんに対し、営業活動を行います。

宅地建物取引主任者やファイナンシャルプランナー、インテリアコーディネーターなどの

資格の勉強をすると、より専門的な視点からお客様の声に応えられるようになります。

一般的にノルマが課され、営業成績次第で給与が左右されるのも特徴です。

 

◆不動産業界の企画・開発

続いては、不動産の企画・開発の仕事です。企画・開発のしごとにはマンションや

複合型商業施設などに適した土地を見つけ、どのように利用すべきかなどの検証を行います。

収益性の検証や土地の相場観を加味した上で計画を立て、実際に開発に取り組みます。

地域そのものの仕組みや人々の生活様式を変えてしまうような

大きなインパクトを残すことができ、それに大きなやりがいを感じている方は多いようです。

ただかなり大手の企業のみがおこなう仕事といえるでしょう。

 

★向いている人★

お客さんの信頼をがちっと掴めるコミュニケーション力と、タフな精神力

 

■谷口の意見

不動産は業界のノルマはしっかり個人に課せられる

印象なので、野心のある結果コミット力のある人におススメです。

 

PAGETOP